クリニック紹介
(診療時間/アクセス)

  • HOME > 
  • クリニック紹介
    (診療時間/アクセス)

院長紹介

ご挨拶

院長 阿部 真悟15年間の勤務医生活のうち12年を北摂地域の病院で勤務し、このたび箕面の地に開業させていただくこととなりました。整形外科・手外科を専門としておりますが、勤務医時代には初療時の不適切な治療により後の治療に難渋した経験が少なくありません。そのため初療を預かるクリニックでの治療はとても重要であると考えています。治療法は日進月歩であり10年前の治療法は通用しないことも多いです。初療を担うクリニックにおいて手術も可能な質の高い治療を提供したいと思い、地域の患者さんのために日々研鑽して参る所存です。私は整形外科の中でも手外科を専門としていますが、手外科専門医は全国に1000人ほどです。大きな病院で手術するといっても手外科専門医の技術が保証されているわけではありません。当院では整形外科専門医・手外科専門医による院長が治療・手術を施行します。また、小さい頃よりスポーツ(テニス、スキー、ゴルフ)をしており、高校時代はテニスの全国大会にも出場しスポーツによる怪我・障害を身をもって経験しておりますので、スポーツによる体の痛みに関しては患者様の力になれると思っています。当院では、専門の理学療法士がそのような患者様のリハビリテーションを施行します。また、副院長による皮膚科・美容皮膚科の診療も取り入れ総合的に地域医療に貢献してまいりたいと思っております。よろしくお願いいたします。

院長 阿部 真悟

略歴
  • 東京大学工学部卒
  • 筑波大学医学群卒
  • 手稲渓仁会病院
  • 市立豊中病院・大阪大学整形外科入局
  • 関西労災病院
  • 大阪大学整形外科
  • 市立豊中病院
資格
  • 医学博士(大阪大学)
  • 整形外科専門医
  • 手外科専門医
  • 日整会認定リウマチ医
  • 日整会認定運動器リハビリテーション医
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本手外科学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
業績

英文

  1. Abe S, Murase T, Oka K, et al. In Vivo Three-Dimensional Analysis of Malunited Forearm Diaphyseal Fractures with Forearm Rotational Restriction. J Bone Joint Surg Am. 2018. 100(17):e113.
  2. Abe S, Oka K, Miyamura S, et al. Three-dimensional in vivo analysis of malunited distal radius fractures
    with restricted forearm rotation. J Orthop Res. 2019. 37(9): 1881-1891
  3. Abe S, Otake Y, Tennma Y, et al. Analysis of forearm rotational motion using biplane fluoroscopic intensity-based 2D-3D matching. J Biomech. 2019. 89: 128-133
  4. Abe S, Moritomo H, Oka K, et al. 2018. Three-dimensional kinematics of the lunate, hamate, capitate and triquetrum with type 1 or 2 lunate morphology. J Hand Surg Eur Vol. 2018. 43(4): 380-386.
  5. Abe S, Kataoka T, Suzuki R, et al. Arthroscopic Triangular Fibrocartilage Complex Reconstruction Using a Palmaris Longus Tendon Graft. Tech Hand Up Extrem Surg. 2022. 26(2): 93-97
  6. Abe S, Koizumi K, Murase T, et al. Comparing the locking screw direction of three locking plates for lateral clavicle fractures: a simulation study. BMC Musculoskelet Disord. 2021. 22(1): 812
  7. Abe S, Shimada T, Murase T, et al. Comparison of the Orientation Angles of Volar Locking Plate Distal Ulnar Locking Screw for Distal Radius Fractures. J Hand Surg Am. 2022. 47(4): 389.e1-389.e13
  8. Abe S, Kashii M, Shimada T, et al. Relationship between distal radius fracture severity and 25-hydroxyvitamin-D level among perimenopausal and postmenopausal women. Bone Jt Open. 2022. 3(3):261-267.
  9. Abe S, Kondo H, Tomiyama Y, Shimada T, Bun M, Kuriyama K. Risk factors for insufficient ultrasound-guided supraclavicular brachial plexus block. J Exp Orthop. 2023. 10(1): 48
  10. Kashii M, Kamatani T, Abe S, et al. Tolerability of the first infusion of once-yearly zoledronic acid within one to two weeks after hip fracture surgery. Bone. 2022. 155
  11. Okamoto M, Kashii M, Abe S. Development of Atypical Ulnar Fracture is Associated with Bisphosphonate Therapy and Severe Spinal Deformity: A Case Report. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2022. 27(3):553-559
  12. Miyamura S, Sakai T, Oka K, Abe S, et al. Regional Distribution of Articular Cartilage Thickness in the Elbow Joint: A 3-Dimensional Study in Elderly Humans. JB JS Open Access. 2019.4(3).
  13. Miyamura S, Oka K, Abe S, et al. Altered bone density and stress distribution patterns in long-standing cubitus varus deformity and their effect during early osteoarthritis of the elbow. Osteoarthritis Cartilage. 2018. 26(1):72-83

日本語論文

  1. 阿部真悟ほか. 掌側BartonのCTによる検討 日手会誌 31(5): 611-613, 2015.
  2. 阿部真悟ほか. 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートの3次元形状解析と
    設置位置の検証 日手会誌 36(3): 231-235, 2019 
  3. 阿部真悟ほか.  橈骨遠位端骨折重症度と25ヒドロキシビタミンD値との関連 日手会誌 37(3): 284-288, 2021
  4. 阿部真悟ほか. 橈側腱膜縫縮及び再建により治療した非外傷性母指伸筋腱脱臼の1例 日手会誌 39(4): 548-551, 2023
  5. 阿部真悟ほか. 鎖骨遠位端ロッキングプレートの3次元解析 骨折 42(2): 405-408, 2020
  6. 阿部真悟ほか. CTガイドドレナージにより治療した原発性化膿性筋炎の2例 臨床整形外科 50(1): 73-77, 2015
  7. 阿部真悟ほか. 手指に発生したA群β溶血連鎖球菌による壊死性軟部組織感染症の1例 臨床雑誌整形外科 63(12): 1260-1263, 2012
  8. 阿部真悟ほか. 高齢者大腿骨近位部骨折周術期に発症した胆道系感染症3例報告 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 56(5): 1105-1106. 2013
  9. 阿部真悟ほか. 肺性肥大性骨関節症の2症例 北海道整形災害外科学会誌 54(1): 53-57. 2012

副院長紹介

副院長ご挨拶

医療行為において、患者様の症状・苦痛の把握こそが重要であると認識しております。皆様とのコミュニケーション、視診を大事にし、症状、苦痛を的確に把握し治療したいと思っております。クリニックならではの医療の身近さを活かして皆様お一人一人の皮膚の悩みに親身に耳を傾け、患者様主体の医療を提供させて頂きたく思っております。

お肌のトラブルに対して皆様個人個人のニーズにきめ細かくお応えできるよう保険診療に加え保険外診療も取り入れ、皆様が健やかなお肌で心豊かに笑顔で毎日を過ごされますよう、サポートさせて頂きます。

地域に根ざしたクリニックとして、お子様からご年配の方までお気軽にご相談して頂けますよう、スタッフの連携を図りながら円滑な診療を心掛けて参りたいと思っております。

副院長 阿部 綾乃

略歴
  • 東京大学工学部卒
  • 信州大学医学部卒
  • 千歳市民病院研修
  • 大阪大学皮膚科入局
  • 近畿中央病院皮膚科勤務
  • 市立豊中病院皮膚科勤務
  • 箕面市民病院皮膚科勤務
  • 他、市中病院皮膚科勤務を経て美容皮膚科勤務
所属学会
  • 日本皮膚科学会

診療時間

午前 9:00〜12:00
9:30〜12:00 / / / / /
手術 12:00〜16:00
午後 16:00〜19:00 / / / /

:整形外科・手外科・リハビリテーション
:皮膚科
:美容皮膚科<美容施術は終日ご予約制です>
(美容皮膚科は平日午前は女性医師(副院長)担当、平日午後・土曜日午前は男性医師(院長)担当)
:手術(予約制)
休診日:水曜日午後、土曜日の午後、日曜日、祝祭日

アクセス

〒562-0042 箕面市百楽荘2丁目2-1

お車・自転車でお越しの方へ

当院は駐車場を全部で7台完備しています。駐輪場もございます。
医院となり敷地専用駐車場に3台、クリニックとなり縦列で2台、線路側に2台(小型車のみ)駐車できます。不明な場合はお気軽にお問い合わせください。

電車でお越しの方へ

阪急電鉄箕面線「牧落駅」阪急電鉄箕面線「牧落駅東出口」より
徒歩2分です

院内紹介

院内紹介

外観外観阪急電鉄箕面線「牧落駅」より徒歩2分に当院があります

受付受付バリアフリーのため、車いすの方でもご来院いただきやすい設計です

中待合中待合ゆったりとした椅子がある中待合のため、診察までリラックスしてお待ちいただけます

診察室1・2診察室1・2整形外科・手外科の診察を行います

診察室3診察室3皮膚科・美容皮膚科の診察を行います

手術室手術室整形外科・手外科の手術を行います。手術用のCアームも完備

リハビリ室リハビリ室広々とした空間と充実した設備のもとリハビリを受けていただけます

処置室処置室ベットを3台完備しています

検査室検査室レントゲン検査や診断に必要な検査を行います

施術室(美容皮膚科)施術室(美容皮膚科)ピコレーザーや脱毛など美容皮膚科専用の施術室です

外観

"受付

中待合

診察室1・2

診察室3

手術室

リハビリ室

処置室

X線検査室

施術室(美容皮膚科)

院内設備

整形外科・手外科

レントゲン
RADspeed Prostyleedition
SHIMADAZU[RADspeed Prostyleedition]
骨密度測定
富士フィルムのALPHYS LF
骨密度測定,富士フィルムのALPHYS LF
超音波
SONIMAGE MX1 SNIBLE yb Premium
OEC MiniView(GEヘルスケア)
CMOSフラットディテクタを搭載した手術用のミニCアーム
OEC MiniView(GEヘルスケア):CMOSフラットディテクタを搭載した手術用のミニCアーム
ニューロキャッチャー
神経伝導速度検査を行う機器です。
手根管症候群や肘部管症候群などの神経障害疾患で神経の伝導速度を計測します。

皮膚科・美容皮膚科

脱毛機器
メディオスターモノリス
MeDioStar_front@グンゼメディカル医療レーザー脱毛は何回でツルツルになる?
ピコレーザー
エンライトンSR
ピコレーザー エンライトンSR(キュテラ社 )ピコレーザー エンライトンSR(キュテラ社 )

マイナンバーカードによる健康保険証利用の開始

マイナンバーカードによるオンライン資格確認システムを導入しています

従来の資格確認の方法は、患者の健康保険証を受け取り、記号・番号・氏名・生年月日・住所などを医療機関システムに入力する、というものでした。
この方法では「入力の手間がかかる」「入力を間違えてしまう」「患者さんを待たせてしまう」などの難点がありました。また、高額療養費の場合は保険者に限度額適用認定証の発行を求めなくてはなりません。
さらに、資格を失効した保険証を患者さんが誤って提示した場合、医療機関・薬局が保険証の発行元(保険者)に医療費の一部を請求しても医療機関への支払いが行われなかったり、保険者が「元被保険者」である患者の医療費を負担したりすることになる問題がありました。患者さんへの確認も、お互い時間と手間のかかる作業です。
こうした背景があり、導入されたのが「オンライン資格確認」です。
オンライン資格確認では全国民の資格履歴を一元的に管理し、患者のマイナンバーカードや保険証をもとに加入している医療保険などをすぐに確認できる仕組みをつくります。
オンライン資格確認を導入するとマイナンバーカードのICチップ、もしくは健康保険証の記号番号などによりオンライン上で医療保険の資格情報の確認ができるようになります。あべ整形外科・皮フ科クリニックではオンライン資格確認システムを導入しました。

マイナンバーカードをお持ちでない方へ

マイナンバーカードをお持ちでない方は今まで通り健康保険証での受付も可能となります。

紙の診察券について

紙の診察券はこれまで通り毎回お持ちください。

マイナンバーカードを提示された場合

顔認証付きカードリーダーまたは窓口スタッフによる目視で顔認証を行います。
もしくは、4桁の暗証番号を患者さん本人に入力してもらうことで本人確認をします。

マイナンバーカードをご利用するとどうなるの?

  • 受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な情報を取得・活用して診療を行うことができます。
  • 診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。
  • 正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。